常滑市 在宅医療・福祉統合ネットワーク

トコタンとことこ常滑ネット

トコタンとことこ常滑ネットとは

事業の背景

世界で最初に超高齢社会を迎えたわが国は、今後ますます高齢化率が高まることが予測されています。医療においては、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病、慢性腎疾患等の慢性疾患が医療費の大半を占める一方で、介護対象者の増加による介護給付の増大も大きな社会問題となっています。そのため、医療と介護問題を含む福祉の問題は、切り離すことができない問題となってきています。

特にその問題のターニングポイントとなるのが、2025年です。いわゆる団塊の世代が70代半ばを超え、支援を必要とする高齢者がピークに達するため、社会そのものに対するストレスが最も高くなると考えられています。国はその対策として「地域包括ケアシステム」の構築を、① 医療との連携強化、② 介護サービスの充実強化、③ 予防の推進、④ 見守り、配食、買い物など多様な生活支援サービスの確保や権利擁護など、⑤ 高齢期になっても住み続けることのできるバリアフリーの高齢者住まいの整備、の5つの柱で打ち出しています。

常滑市においても、2025年を見据え、市民の皆さまが住み慣れたまちでいつまでも自分らしい生活を続けていくことができるよう、地域包括ケアシステムの構築を目指しています。

常滑市の現状

常滑市は、知多半島の西海岸に位置し、面積55.89平方キロメートル、東西6キロメートル、南北15キロメートル、海岸線19.8キロメートルの南北に細長い街です。人口は、58,498人(平成29年1月1日現在)です。


現在、常滑市は高齢化率が25.3%(平成29年1月1日現在)となっており、中部国際空港の開港以降、総人口の増加や若い世代の人口の流入により、比較的高齢化率は抑えられていますが、着実に高齢化は進行しています。


本市では、このような現状を踏まえ、第5次常滑市総合計画のもと、「医療と介護、地域住民の連携による健康づくり」を目指し取り組みを進めています。